婚活パーティーに参加してわかったこと

短時間でアピールしたり会話したりするのはコツがいる

婚活パーティー : ひとりで行ける婚活パーティー

費用対効果を考えて婚活パーティーへ参加 | 短時間でアピールしたり会話したりするのはコツがいる | 次回参加する機会があればもっと準備をしてチャレンジしたい

もしかしたら隣の芝は青く見えるだけの可能性もありますが、他の同姓の方もちゃんと準備してきているのが分かります。
今回は時間に余裕を持って少し早めに行きました。
なぜなら、こうした場所では最初にプロフィールカードを準備する必要があるからです。
時間ぎりぎりに行ってしまうと、十分にプロフィールを用意できない可能性があります。
これだと、せっかくお金を払っても十分に自分をアピールできず、時間の無駄になってしまいます。
余裕を持ったスケジュールは大切でしょう。
私は早めに行ったおかげで落ち着いて準備が出来ました。
また、始まる前に少しだけ他の方と話せたのが良かったです。
パーティーの方式は所謂、回転寿司の方式でした。
短期間に次々とプロフィールを見せ合い、短い時間でお話をするというやり方です。
今回これは初めてでしたが、とにかく大変だという印象でした。
話せる時間がとても短いため、短期間で相手に上手くアピールしなければなりませんが、こうした自己アピールの機会が今までの人生でそんなに沢山なかったために、上手くできた気がしませんでした。
会話のきっかけも何から始めてよいのか分からず、正直苦労しました。
こうしたことは慣れがとても重要だということが今回の経験から感じます。